不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空き家撤去強化 

空き家の撤去強化が法整備されます。


倒壊の恐れや衛生上の問題がある空き家について、市町村が所有者に撤去を命令できる空き家対策特別措置法が26日、全面施行されるのです。
人口減や高齢化で全国の空き家は800万戸を超え、各地で対策が求められていました。


2013年の空き家は820万戸で、総住宅数6063万戸に占める空き家率は13・5%になりました。
空き家は1973年の5倍近くに増え、総住宅数の増加率を上回り、空き家率は年々高くなっているのです。


放置される空き家も目立ち、13年には管理されず壊れた空き家は105万戸に上ります。
家屋があれば土地の固定資産税を更地の最大6分の1にする優遇措置が空き家放置の原因との指摘もあり、各地からは大雪や地震による倒壊の恐れのほか、周辺環境や治安の悪化に懸念の声があがっていたのです。


特措法では、市町村が
(1)倒壊の恐れが高い
(2)ネズミの大量発生など衛生上著しく有害
(3)景観を損ねる
(4)生活環境が守れない
のどれかに該当する空き家を「特定空き家」と認定します。
立ち入り調査し、所有者が拒むと最大20万円の過料を科すことができるのです。


また、撤去や修繕の指導、勧告、命令ができ、勧告に従わないと、固定資産税の優遇措置を解除でき、命令に従わなければ、市町村が強制的に解体できるのです。


空き家放置の一番の原因は、少子化で後継ぎが少なくなっていることでしょう
また、仕事の関係で田舎に住むことや転勤が続くので田舎でなくても住むことが出来なくなったこともあるでしょう。


建物があれば固定資産税が大幅に軽減されるというのも魅力です。
ただ、倒壊の危険性やネズミや悪ガキの住処というのも頂けません。


困るから潰せだけでいいのかどうか分かりませんが、出来れば何とか再生する様な方向が見出せばいいと思います。
スポンサーサイト
( 2015/05/25 11:43 ) Category 建築 | TB(0) | CM(0)

住宅エコポイント 

住宅エコポイントをリフォームに活用してみましょう。


昨日の3月10日に 省エネ住宅の普及を促すポイント制度の申請受け付けが10日始まりました。
住宅エコポイントは09年度と11年度にも実施していますので、今回で3回目となります。
まだ利用したことのない人は、リフォームに利用すればメリットが多いと思います。


住宅エコポイントとは、基準を満たした住宅の新築や改修で1戸あたり最大30万ポイント(1ポイントは1円相当)がもらえます。
そのポイントは省エネに役立つ家電や地域振興につながる特産品、商品券などと交換できます。
それは消費増税で落ち込む住宅市場を活性化する狙いがあるのです。


住宅エコポイントの対象となる物件は、昨年12月27日以降に工事契約を結び、2016年3月末までに着工するもので、省エネルギー法など基準を満たす住宅の新築に30万ポイントを発行します。


一方、リフォームの場合、断熱性を高めようと内窓をつければ大きさに応じて8千~2万ポイントが付き、外壁や屋根、床に断熱材を施すと3万~12万ポイントがもらえるのです。


また節水型トイレや高効率の給湯器は、それぞれ2万4千ポイントとなり、リフォーム全体で30万ポイントを上限にポイントが付く仕組みです。


更に耐震工事をあわせて行うと15万ポイントが別枠で加算されて45万ポイントとなります。
エコポイントは、既に持っている住宅だけでなく、中古物件として買った住宅の改修でもOKです。


今回のエコポイントの予算枠は805億円で、上限に達した時点で申請を打ち切ります。
国土交通省は「遅くても今年11月末までには申請を締め切る」としています。


世の中の景気は停滞気味ですが、リフォームで気分一新し新生活への活力に繋げないものでしょうか!
( 2015/03/11 15:28 ) Category 建築 | TB(0) | CM(0)

空き家はそのままで新築が増える? 

空き家はそのまま放置され、一方で新築住宅が増えているという変な傾向が出ています。


1998年以降の着工戸数(建て替えも含む)は毎年100万~120万戸です。
2013年度は消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあり98万戸が着工されました。


そのうちの全住宅取引の8割以上は新築で、中古住宅の比率は10%半ばに留まっているのです。
これは欧米で7~9割を中古が占めるのとは対照的で、如何に日本の住宅が粗末に扱われているかという裏付けでもあります。


その背景には国のお粗末な政策もあり、住宅の戸数の確保が最優先で、質の良い建材を用いて手入れをしながら長く使うという戦前の住宅建設の概念は後回しだったのです。


また、バブル期も含め地価は右肩上がりに上昇し、建物に価値はなくても土地の価値は残るため、早期に住宅を取得することが有利とされた社会経済事情もあります。


国のお粗末なその場しのぎ政策は今なお継続中です。
住宅着工は建築関係の仕事を生み、家電や家具など消費も刺激するから、効率の良い景気対策になるのです。


昨年末の緊急経済対策には、住宅エコポイント制度の2年半ぶりの再開が盛り込まれました。
太陽光発電や節水型トイレなど省エネ機能を備えた住宅の新築やリフォームに対して、東日本大震災の被災地で生産された商品などと交換できるポイントを発行する制度で、国会で2014年度の補正予算が成立次第、実施されるわけです。


こうした住宅政策は、将に泥縄式なのです。
アメリカの様に、紛争を起こして兵器産業関連で経済を持たせるのは極端にしても、古い家は粗末にして見栄えだけの新築に走るのも考えものです。
砂上の楼閣経済といわれても仕方がないでしょう。


出来れば、モノを大切にし、建物もリフォームしながら価値を付加させるという節約の流れを取り戻したいものです
( 2015/02/09 19:54 ) Category 建築 | TB(0) | CM(0)

14年新設住宅着工、5年ぶり減 

14年新設住宅着工数は5年ぶり減となった。
消費税増税と、経済先行きの見通し不安が大きな要因ではなかろうか?


国土交通省が1月30日発表した14年通年の新設住宅着工戸数は前年比9.0%減の89万2261戸と、米リーマン・ショックの影響で落ち込んだ09年(27.9%減・78万8410戸)以来5年ぶりにマイナスに転じた。


昨年4月の消費増税に伴う駆け込み需要の反動減が響き、注文住宅やマンションなど分譲住宅が大きく減少した。


ただ、1997年の消費増税時の減少率(15.6%減)と比べると落ち込みは小さかった。
住宅購入時に利用できる中低所得者向けのすまい給付金の新設や、ローン減税の拡充が寄与したものと思われる。


一方で貸家は1.7%増の36万2191戸と3年連続で増加した。
足元では減少が続いているものの、今年1月の相続増税を見据えた節税対策による投資が堅調だった。
やはり住宅政策は、税制がらみを含め国策に大きく依存してしまう。


戸建住宅やマンションを含めた持ち家は、この先まだ減少していくと思うが、相続税対策によるアパート等の建設はもう少し伸びるとは思う。
ただ、空き家がどんどん増えているのが気がかりだ。

( 2015/01/31 20:43 ) Category 建築 | TB(0) | CM(0)

ミサワホーム 分譲友の会 

ミサワホームの分譲友の会なら、家を新築したい方にとって大きな特典が一杯です。


ともかく家を新築しようと思ったら、家や土地に関する情報集めが第一です。
自分の希望する家や土地はどんなものなのか?
勿論おおよそのイメージはあるはずです。


そのマイホームに関するイメージを実際の場面に照らし合わせるのは色々な情報が欠かせません。
幾ら理想を重ねても、絵に描いた餅では何にもなりません・・。


ともかく、何処で、どんな家を、どんな予算で・・というところから始まって、詳細に詰めていかなくてはなりません。


ご近所にどんな人がいるのか?
コンビニやスーパーや学校への利便性はどうなのか?
今の様に異常気象が次々に起こる状況でも大丈夫なのか?・・・


考えだしたらきりのないことが一杯です。
そんな時に、少なくともここだけは、これだけは押さえておきたいというのが専門誌、専門の情報です。


ミサワホーム分譲友の会なら、そんなポイントは逃しません
勿論、ミサワホームで家を建てなくてはならないということもありません!
情報のタダ取りでいいのです。


一杯の情報の中から、仮にミサワホームが選ばれたとしたら、それはそれは言うことがないという話でしょう・・。



ヌードルメーカーが当たる♪





( 2014/12/30 20:37 ) Category 建築 | TB(0) | CM(0)
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。