不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

間取りの変更 

間取りの変更は何処まで可能なのでしょうか?
一戸建てとマンションとでは、マンションの方が間取りの変更が難しいと言われますが、果たしてそうでしょうか?
その答えは、イエスでもありノーでもあります。


まず、戸建て住宅です。
マンションの様に共有部分もないし、全部自分で好きな様に出来るのは間違いないところです。
例えば中古戸建てを買った様な場合、間取りが気にいらなければ好きな様に変えられるはずです。


ただし、構造部分に関する場所を大きく変えられません。
例えば1階と2階をつなげて家を支えている通し柱を切るとか場所を変えるとかです。
家を支えているところを無くしたりすれば、家そのものがガタガタになってしまいます。
建築確認の図面で柱に○印のあるところが通し柱ですから気をつけてください。


ただ通し柱は、家の四隅にあることが多いので、そこを直すということは家そのものを変えてしまうことになります。
仮に間取りが気に食わない中古住宅なら買うはずもありませんね・・。


その点、マンションは自由度が高いです。
マンションの空間を支えているのはメインになる柱と壁だけです。
ここさえ変更しないなら、間仕切り壁を取ってしまうことも可能です。


マンションでもメインの柱というのは戸建ての通し柱と同じですね。
当然に無くすことなど出来ないものです。


マンションの場合は共有部分との境界になる壁や隣との壁さえ残せば、全部ぶちぬきのワンルームにでも出来ます。
でも、せっかくの間取りを何処までやりかえるかは費用面とよく相談しておかねばなりません。


マンションのリフォームは、自由度が高いといいましたが、トイレ、バス、キッチンなどの水回りだけは要注意です。
マンションは共同体ですから、全部の階の同じところに水回りを設置しています。
図面でPS(パイプスペース)とあるところに給排水が集中しているのです。


ですから、この部分を動かすことはできません。
ただし、便器の位置を変えなくてトイレを大きくするとか、扉を2つつけて2ウェイにするなどのリフォームは問題ありません。




間取り一つとってもリフォームが簡単なところと難しいところがあることがよくわかります。
年月がたてばリフォームは止むを得ないにしても、最初に十分に考慮しながら計画を立てるのが重要であることを改めて考えさせられます。
スポンサーサイト

( 2013/12/21 15:42 ) Category 建築 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。