不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結露防止ヒーター 

結露防止ヒーターは、とても便利で役立つヒーターです。


結露は言うまでもなく、油断することが出来ないマイホームの大敵ですね。
結露を放置しておくと、シミや腐食の原因となり、カビやダニも発生しやすくなるのです。


空気中に含まれる大量の水蒸気は、温度によってその含まれる量が変わってくるのです。
この寒い冬には結露が発生し易いのですが、それは昼夜の温度差のためです。


寒いからと言って暖房をどんどんし続けていくと、室内は暖かいのですが外気温との差が大きくなります。
すると結露が生じることになるのです。
マイホームのメンテのためには、室温は多少下げる様に管理した方が結露対策としては有効なのです。


と共に、湿気がこもらない様にすることも大切です。


例えば厚手のカーテンは、如何にも温かい感じがするものですが、一方で窓とカーテンとの間の温度が下がり易く、空気が滞留して湿度が高くなり結露が発生しやすくなります。
意外なところが要注意なのです。


ところで冬の寒い時には、温かいお風呂が何よりです。
脱衣場と浴室との温度差が大きいと、ショックで心筋梗塞や脳疾患になりやすいのです。
よく気をつけましょう。


ということで、お風呂の蓋を開けて熱を伝え、脱衣場との温度差を小さくしようとするご家庭も多いと思います。
お風呂の湯気が脱衣場まで来ると、少しあったかくなる感じがするものです。
また、裸で入るものですから、多少慣らしておくためにも良いかもしれません。


しかし、気をつけねばならないことがあります。
水蒸気を部屋中に回すということは、将に結露の原因を作っていることと同じなのです。
余分な水蒸気は換気扇などを回して屋外に排出しておかねば、結露だけでなく木質部が腐っていく原因にもなります。


中々あれもこれも、うまくいかないのです・・・。


冬は炊事場も大忙しですよね。
温かいおでんや鍋物、煮物など体を温める料理が好まれます。
それは寒い時に何よりのごちそうですが、キッチンには水蒸気が充満で、やはり結露の原因を作っていることにもなるのです。


料理方法を変えるわけにはいかないので、ここは一つ結露防止の工夫が必要になりますね。
そんなマイホームに結露防止ヒーターがとても便利だと思います。
窓際に結露防止ヒーターを置いておくだけでOKなので、とても簡単です。



フカダック 窓用 結露防止ヒーター 90cm FH-1090


「フカダック 窓用 結露防止ヒーター 90cm FH-1090」は、冬の窓やサッシの結露対策に効果的な結露防止ヒーターです。


窓際に置くだけの簡単設置でヒーターが暖気のカーテンを作ります。
足元の補助暖房としてもお使いいただけます。
異常過熱防止安全装置付で安心。


使用方法

●平らな場所に、放熱孔が上になるようにおいてください。
●壁面に設置するときは壁面から1cm以上離してください。
●本体上方にものは置かず、燃えやすいものから1m以上離してください。
●ストーブなどの暖房器具のない場所でお使いください。本体内部の温度過昇防止装置が働くことがあります。

カーテンなどが触れたりかぶさったりしないよう設置して下さい。
表面温度は高温で約60度になりますので、変色や縮みの恐れがあります…

定価:オープン価格 特価:5,764円(税込)


[代引不可]フカダック 窓用 結露防止ヒーター 90cm FH-1090

[代引不可]フカダック 窓用 結露防止ヒーター 90cm FH-1090

スポンサーサイト

( 2014/02/05 15:18 ) Category 住宅設備 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。