不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お風呂リフォーム 日数 

お風呂場は、いつもリフォーム箇所の上位に入るところです。
いわゆる水周りで、どうしても傷みやすく何かとトラブルが出やすいところでもあります。


私のところなどは、建築以来もう何十年になるのですが未だに当時のお風呂場のままです。
いわゆる在来工法で建てたものですから、天井が高くてお風呂は冷めやすいというのが当たり前ですね。


もちろん、文句ばかりを言っているのではなく、当時としては最先端のお風呂で、それなりに満足したものです。
でも、タイル張りとはいえ中々冷たい感じで、特に歳を取ると浴槽の温度とタイル部分との温度差のギャップを随分と感じます。


ガス給湯のお風呂ですので、これまでに二度ばかり給湯器の交換をしました。
ガス給湯機も便利ですが、やはり寿命は十年ちょっとというところですかね・・・?


ガス屋さんに色々無理をお願いして安くつけてもらっています。
家内が言うことは、ともかく温かいお風呂でゆっくりと足を伸ばせるのがいいの一点張りです。
我が家のお風呂は1坪は十分にあるので、それなりに広いのですが、中々ゆったりと足を伸ばして入れる浴槽ではありません。


これをリフォームするとなれば、大変です。
少なくとも在来工法のままなら多少広い浴槽に変えようにも限度があります。
天井は十分に高いのですが、浴槽は上に広く取っても駄目ですね・・。


家内の希望はユニットバスです。
ユニットバスは、メーカー生産ですので将にユニットで独立構造です。
設置もあらかじめ防水施工のユニットですから簡単ですね。
保温や保湿性も問題ありません。


ただし、一定の枠の中にユニットを置くので、工夫をしないとスペースは狭くなります。
場合によれば、脱衣場も洗面も一緒に取るぐらいにしないと広々としたバスには出来ないかもしれません。


ところで、ユニットバスへの切り替えは人気のリフォームなのですが、工期や費用は、どの程度なのでしょうか?


まず、工事内容の確認です。
既設の浴槽を解体し、搬出処分するのは当然ですね。
次いで、ベースコンクリートを打ち給排水工事、電気工事、サッシの取り換えや脱衣室の内装工事、洗面化粧台の取り換えなどでしょうか。


まあ、工期は1週間から10日は最低必要ですね。
バリヤフリーとか下水工事も絡んでくるともう少し必要でしょうか?
場合によっては、2週間以上かかることも多いと思います。
そして費用は、少なくとも100万円は覚悟しなければなりません・・。


更に、不便なことは、その間お風呂に入れないわけですから、どこかポカポカ温泉の様なところへ行かなければならないのです。
まあ、生みの苦しみというわけで、多少の不便さは我慢できるわけですが・・。


いずれにしても、水周りはリフォームの最重要ポイントです。
上手く計画を組んで、スムースに行いたいものです!



リフォーム ホームプロ
スポンサーサイト

( 2014/04/02 20:52 ) Category リフォーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。