不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リフォーム 金額 相場 2世帯住宅 

リフォームをして2世帯住宅にというご家庭も増えています。


親子仲良く住むことが出来るなんて言うこと無しですね。
昔の田舎では3世帯住宅はざらでしたが、今はお年寄り夫婦だけというのが増えている様で寂しいものです。


2世帯住宅が増えている背景は、何といっても経済的な事情でしょう。
親の脛かじりの子供が多かったのですが、その世代が結婚するとなれば今度は夫婦で脛かじりでしょうか・・・?


まあ、消費税も上がったことですし、経済性を考えればできるだけ一緒に住む様にすればお互いに助かることも多いものです。


まず、食事なども台所は仮に別にするにしても材料を一緒に調達すれば割安になりますね。
老夫婦2人では食べきれない材料でも、若夫婦と一緒なら常に新鮮なものを調達できます。
正社員に中々なれない時代ですから、共稼ぎはやむを得ないとしても、留守宅の管理や子供、孫の世話になれば身内が近くだと安心です。


ともかく2世帯住宅のメリットは沢山あるわけです。
ただ、プライバシーや何処まで領域を限るかがポイントになるのは間違いありません。
親子とはいえ誰しも他人に干渉されたくないわけですね・・。


だから、2世帯住宅も寝室が別という完全同居型よりは、部分共有型が好まれる様です。
部分共有型とは、玄関や浴室が別で、キッチン、トイレ、居間は別といったものです。
お風呂は、無駄に沸かす必要もないので、水道代や光熱費を考えれば共有するのが合理的です。


ただ、トイレやキッチンは好みもありますし、プライバシーの面からも別々がいい様ですね。
キッチンなどは一緒でもいいと思うのですが、やはり嫁姑の問題もある様です・・・。


また、中には完全分離型で1棟の建物を上下か左右に分けて、それぞれに個別の住宅としての機能を持たせるタイプもあります。
しかし、これは多少やり過ぎでしょうか。
積水ハウスの様にユニットタイプなら容易に可能かもしれません。


それぞれの家庭の事情に合わせて2世帯住宅の有りようを考えてみなければなりませんね。
Good luck!


リフォームのダンドリ徹底解剖【ホームプロ】
スポンサーサイト

( 2014/04/04 20:14 ) Category リフォーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。