不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リフォーム 金額 相場 トイレ 

トイレのリフォーム金額と相場について確認してみたいと思います。
ただ、ここで取り上げるトイレのリフォームは、単に便器の交換とか、和式を洋式にとか言うのではなく、総合的なトイレのリフォームについて考えてみましょう。


例えば、便器の交換だけなら数万円で済みますし、和式から洋式への交換なら仕様にもよりますが
20~40万円程度で十分でしょう。


ここでは、単にトイレの入れ替えというよりは、歳を取るという将来的なことや、便利さをも考えたトイレのリフォームです。


以前にも書きましたが、トイレのドアは外開きが原則です。
もしもトイレで倒れたら大変です。
その倒れた人が邪魔になってドアが開かない何てことになれば余計に悲惨です。
だから、ドアは外開きなのですが、この場合は廊下を通る人にも気をつけてドアの開閉ですね。


それよりも、やはり引き戸がいいと思います。
引き戸なら大したスペースも要りませんし、開閉も便利に出来ます。
是非とも引き戸ですよ!


それから、お宅ではトイレはいくつありますか?
1階に一つだけというところも多いと思います。
家族の人数にもよりますが、出来れば2階にも一つ欲しいですね。
寝室が2階にあるのなら尚更です。
朝のトイレラッシュのときに順番待ちの解消にもなりますね・・・。


このトイレを2つ作る場合は、下水への配管のことがありますので上下階で水周りのゾーンを統一しておく必要があります。
業者に頼めば、キット合理的な場所を探してくれると思います。
上下階でトイレの位置を合わせれば当然にコストダウンも図れるはずです。


toire12

また、トイレを増やすなら必ずバリアフリー化にしておくことです。
歳を取ればトイレに行く回数は当然多くなりますが、誰かについていってもらわねばならないと大変です。


いくら夫婦や親子でも、トイレの世話は中々厄介なものです。
人間としての尊厳的なこともありますので、歩行が多少困難でもトイレの出入り口が広くて、手すりが設置されていれば何とかつたい歩きをして用を足せるものです。
よく心得ておきましょう!


また、念の為トイレの中に介護スペースがとれるように、多少広めのトイレがいいと思いますね。
トイレは用をたす以上の働きが求められてくる場所でもあります。
できるだけ、ゆったりと広くしておくリフォームをお勧めいたします。



住まいのメンテナンス業者選びなら「ホームプロ」

スポンサーサイト

( 2014/04/06 17:46 ) Category リフォーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。