不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

二世帯住宅とリフォームへのきっかけ 

二世帯住宅とリフォームへのきっかけは、親の老後を考えてというのが常に第一位を占めるそうです。
日本人の道徳観も捨てたものではありません。


介護の問題は、これからの日本人にとっても決して避けて通れる道ではないのです。
ただ、いくら身内だからと言ってベッタリの介護などは不可能だと思っておくのが良いでしょう。


まず、二世帯住宅のメリットですが、介護に進むまでは何かあったら協力していくというのが良いですね。


人は誰でも病気にかかるものです。
大層な病気でなくても家事が滞ると何かと不便なものです。
そんな時子供の世話や家事を手伝ってもらえると助かるし嬉しいものです。
女性の場合は出産という大きなイベントもありますね・・。


ところで二世帯住宅がうまくいくコツは、お互いに気を遣わせない様にして気を遣うことだと言います。
「行ってらっしゃい」とは言っても、何処へ行くとか何時帰るとかは聞かない、というのが玄関共用世帯の鉄則だとか・・。


おなじ同居でも表札は別、玄関も別だけれども家事空間は仲良くというのもあります。
逆に玄関は同じでも家事は分離というのもあります。
それぞれの家族の置かれた状況で上手く使い分けるのが良いでしょうね。


さて、いよいよ介護が必要になってきた場合のリフォームについて考えてみましょう。
ともかく足腰が弱ってきたのなら、不要な段差をなくすことと手すりの設置が第一です。
つまづきの原因となる3cm程度の段差を解消することと、15cm程度あっても見落とし易い1段だけの段差は極力避けることです。


また、移動が車いすになった場合には廊下等で曲がるのに必要な広さを考慮しなければなりませんが、急に広くするといっても難しいことも多いでしょう。


介護で一番の問題はトイレです。
下の世話が必要なのか一人でトイレに行けるのかは、人間の尊厳も含めて大きなポイントになります。



いっそのこと、寝室にトイレをつけてしまうというアイデアは如何でしょうか?
そうすれば、車いす利用のために通路幅を広げる心配もなくなります。
何よりトイレまでが近いというのが最大のメリットです。


勿論、用排水経路のことがありますが、水周りに近いところに寝室を持っていくとか、配管の工夫をすれば十分に可能なはずです。
専門家ともよく相談して下さい。


スポンサーサイト

( 2014/04/23 12:38 ) Category リフォーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。