不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国のお墨付きリフォーム団体 

国の“お墨付き”でリフォーム団体を登録する動きがあります。


国土交通省は6月4日、住宅リフォーム団体を登録する制度の案を公表し、パブリックコメントを始めました。


消費者保護を目的に、国が定めた要件を満たす住宅リフォーム団体を国が登録し、消費者が安心してリフォームを行うことができる環境の整備を図るのです。


リフォーム市場には、規模の拡大にともない、多様な事業者が参入しています。
消費者に安心して工事を依頼できる環境整備を行うことで、リフォーム需要の活性化を促す狙いがあるのです。


国交省は、2013年12月より有識者による検討会を開催し、討議を進めてきました。
そして「事業者団体を通じた適正な住宅リフォーム事業の推進に関する制度」の素案を取りまとめました。


団体が満たすべき要件は、以下の5項目です。
(1)構成員名簿の整備や設立・組織・運営・管理等が法令に定められる一般社団法人や事業協同組合などであること。
(2)構成員がおおむね100者以上であること。
(3)構成員が2以上の都道府県にわたること。
(4)設立後2年程度の期間を経過していること。
(5)債務超過でない。


 また、団体へは、構成員の状況を把握するとともに、
I)人材の育成・研修
II)消費者からの相談に係る業務
III)団体のホームページにおいて消費者からの相談状況、構成員の研修受講の状況・工事実績などの情報提供…などを業務として課するのです。


さらに行政上の措置としては、団体に対して毎年、事業報告書の提出・閲覧を求めます。
問題がある場合は、業務改善の勧告や登録を抹消するのです。


こうしたリフォーム団体登録の動きに背景には、まだまだリフォーム業界に押しかけリフォームやボッタクリリフォームなど消費者に不利益なリフォームをしてトンずらしてしまう業者が後を絶たないからでしょう。


しかし、ちょっと待って下さいよ!
ホームプロが推薦しているリフォーム工事業者は、既に同様の基準をクリヤーして選ばれているものばかりです。


しかも、複数業者を紹介して、その中から選択して行く方式を取っていますので、安心を先取りしているわけです。


失敗しないリフォーム会社選びなら「ホームプロ」
スポンサーサイト

( 2014/06/05 07:25 ) Category リフォーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。