不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

外壁塗装と屋根塗装の現地無料調査 

外壁塗装や屋根塗装は、10年以上経過した戸建て住宅やマンションでは建物メンテのために必要な作業になります。


特に梅雨の時期などは、外壁や屋根にクラックがあれば雨水がしみ込んで建物の腐敗に結び付きかねません。
ただし、まだまだ必要もないのに早めに塗装をするのはもったいないものです。
さて、何時が適期なのでしょうか?


プロの目で見てもらうのが一番正確だと思いますが、まずその前に自分でも出来る見方があります。

1.ひび割れがある
2.カビや苔が生えている
3.鉄部が錆びている
これらは目で見てすぐに分かる要注意案件です。

4.窓枠部分などのコーキングの割れ
5.塗膜が膨れている
6.触ってみると手に白い粉がつく

塗料の劣化は、内部を保護している膜が弱くなっているわけですから、木を腐らせる腐朽菌の心配や雨水の浸入などが気になります。


こうした目視は、素人の我々でも出来ますので気になればその後にプロにチェックしてもらうのがいいと思いますね。


そして、外壁塗装ラボではプロの目で非破壊検査が出来るのです。
普通に非破壊検査をしてもらうと家の大きさにもよりますが5~30万円程度の費用が発生します。


でも、外壁塗装ラボなら無料なのです。


外壁塗装ラボのエリアは残念ながら、東京、神奈川、埼玉、千葉の4県だけなのですが8500件以上の実績があり、建築請負賠償保険も適用されますので万が一の瑕疵に対しても十分な対応が出来るのです。


実際にかかる費用と塗料別の料金もオープンにしていますので、費用概算は直ぐに算出出来るのです。
また、1年間の無料点検保証も付いているので安心です。


現地調査と見積もりは完全無料ですのでともかく、やってみて比較するのも一法だと思います。
外壁塗装などは経年劣化するのは間違いありません。
やってみなければ判断も何も出来ないのですから、出来れば無料でトライしておきたいですね!


参考までに塗料パックというのがあります。
仮設現場をかけ、高圧洗浄をし養生や下地補修は当然です。
塗装は下塗り、中塗り、上塗りと仕上げ、完全に塗装して確認のチェックをしてもらい清掃をして完了となります。


どうせ何時かはやらねばならない塗装です
完璧に仕上げてもらえるならば嬉しいものです。
ともかくチェックしてもらえばどうでしょう・・・?


外壁塗装・屋根塗装でリフォームを!現地調査無料見積り





スポンサーサイト

( 2014/06/14 13:12 ) Category リフォーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。