不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空き家率13.5% 

空き家率が何と最高の13.5%にも上ったのです。


国内の住宅総数に占める空き家の割合が2013年10月時点で過去最高の13.5%になったと総務省が29日、発表しました。


人口減少が深刻な地方を中心に増え、戸数も最多の820万戸に上ったのです。
中古住宅の活用が進まないうえ、空き家を取り壊すと税負担が重くなる制度も空き家が増える原因です。
活用か撤去を促す政策への転換が急務となっているのです。


税負担というのは、固定資産税や都市計画税のことを指します。
例えば固定資産税は1月1日の所有者に対して、課税標準額の1.4%が賦課されます。
ただし、住宅用地については生活のためのものだからということで軽減措置が取られています。


住宅用地の場合は、200㎡までなら固定資産税は1/6、都市計画税は1/3です。
200㎡を超えても固定資産税なら1/3、都市計画税は2/3とやはりかなりの軽減特典があるのです。


ということは、仮に住まなくなっても家屋を取り潰さずにいれば固定資産税などは安くなるので簡単には取り壊せないわけです。


これが空き家率が高まる大きな原因ですね。
まあ、いつの日にか子供が帰って住んでくれるとか、場合によれば誰かに貸すとかの選択肢もあるので、余程老朽化しないことには取り壊し費用の問題もあり手がつけられないわけです。


最近では、こうした空き家を安く購入してリフォームをし直して居住用に仕立て直すリノベーションが盛んになっています。
リフォームをする技術も向上し、経費も比較的安くできることもあって今後さらに見直されることでしょう。


現にあるものを利用するというのは、日本人に限らずモッタイナイ精神を生かす良い心がけだと感じますね。


いずれにしても、空き家率の上昇や少子化の問題は見えないところで徐々に私たちの生活に影響を及ぼしてくると思います。
スポンサーサイト

( 2014/07/30 09:29 ) Category リフォーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。