不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空き家撤去へ税制改正 

空き家撤去へ税制改正を政府が目指すようだ。


政府は荒廃した空き家の撤去を促すため、住宅が建つ土地の固定資産税を軽減する措置を見直す検討に入った。


屋根が飛ぶなど近隣の住民に迷惑がかかる空き家を減税の対象から外すことを検討する。
2015年度税制改正での実現をめざす。

 
土地の固定資産税は、住宅が建っていれば本来の6分の1に軽減される。
高度成長期の1973年に農地などの宅地化を進めるために導入され、空き家でも軽減されるため、いつまでも荒廃したまま取り壊さずに放っておく原因になっている。


13年時点で全国の空き家は過去最高の820万戸に達し、住宅全体の13.5%を占めた。
火災が起きたり犯罪の温床になったりする恐れもあるため、政府は撤去を促す対策が必要と判断した。

 
具体的には自治体が危ないと判断した空き家を軽減の対象から外すことを検討している。
持ち主が自主的に更地にした場合、一定期間は固定資産税の軽減を続けることも検討するようだ。


しかし、今の政府は形振り構わず課税強化の方針だ。
無茶苦茶な消費税増税で多くの庶民が苦しんでいることなどお構いなしだ。


それでなくても高い固定資産税である。
都市計画税と合わせて1.7%が徴収されているが、単純に計算すれば60年住めば土地代はすべて税金に化ける訳である。


この日本に住まわしてやっている!とでも言いたげな課税のやり方が、更に牙をむいてくる。
スポンサーサイト

( 2014/08/02 19:40 ) Category 不動産 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。