不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空き家が増える原因 

空き家が増える原因は色々とあるでしょうが、ハッキリしていることは新築住宅の作り過ぎだろうと思います。


ある住宅コンサルも
「空き家増加の理由は簡単だ。「必要以上に新築を造りすぎ」なのだ。
世帯数の現状と見通し、住宅数とその質がおよそ把握できるわけだから、5年なり10年の間にどのくらいの新築を造れば良いかといった目安を立てるのはそう難しいことではない。
その目安に合わせて税制や金融をコントロールしていくのである。


しかし、日本にはこうした目安が一切なく、ただ景気対策としての住宅政策が行われている。
新設住宅着工戸数が減れば景気の足を引っ張るとして、常に新築住宅促進政策が過剰に行われてきたのだ。」
と明言しています。


要は、行政サイドが景気刺激策を優先し、新築住宅を優先する税制や優遇措置を取ってきたからに他ならないのです。


そして、大都市への人口流入に歯止めをかける政策をやらず、少子化対策もなおざりにしたままなので人口も増えずに、お一人様所帯の乱立です。
まだ、自分で何とか自立出来ればいいのですが、今の若者は親の年金目当ての生活も多いとか・・。


独立できるものはさっさと独立、独り立ちして新築のマンションなどへ行ってしまいます。
せっかく、さあこれからやろうという時に、中古市場へは目が移りにくいものです。
そんな新築ブームを世間が煽ってきた風潮もあります。


さて、どうしたものでしょう・・?
スポンサーサイト

( 2014/08/13 17:28 ) Category 社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。