不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マイホーム購入か賃貸か 

マイホームを購入するのか一生賃貸で過ごすのかは、永遠の課題でもあります。


もちろん、それぞれの家庭事情や家族構成、住む地域や職場との関係、家に対する思いや考え方によって大きく異なってくるのは言うまでもありません。


住宅サイトのSUUMOに持ち家と賃貸の試算が出ていましたので参考にさせてもらいます。
前提は、現在30歳の男性が80歳になるまでの、それぞれのケースでの住居費の比較です。


まず、夫婦とも健康で80歳になるまで50年間賃貸で過ごすケースです。
家賃は月12万円、多少家賃アップと更新料、引っ越し代金などを含めますと、大ざっぱに見て50年間で8800万円を支払うことになります。


ケース1:結婚1年後にマイホームを3800万円で購入

家というのは購入したらそれで経費が終わりではありません。
当然にローンを組みますから、仮に固定金利2.5%としても150万円近い金利が必要です。
また、マンションなら管理費や修繕積立金が月2万円程度必要です。


そして、当然のことながら固定資産税や都市計画税が必要です。
また、50年間も住むわけですからリフォームや大規模修繕の費用も必要になります。
リフォーム費用等として概算500万円程度は見ておく必要があるでしょう。
これらを合計すれば、大ざっぱに言って7500万円程度になります。


ケース2:30歳で結婚後、4年して出産を契機に家を購入

この場合には、4年間の賃貸費用が670万円ほど必要になります。
家の購入費用や維持費、リフォーム費用等は大きく変わりませんので総計で7900万円程度になります。


ケース3:結婚10年後に家を購入

この場合には10年間の賃貸費用が1800万円程度に膨らみ総計で8500万円ぐらい必要です。
それでも自宅に40年住む計算になりますので、リフォーム費用等は当然に必要になりますが、多少は長持ちするかもしれません。


ケース4:子どもが独立した27年後に家を購入

子どもが独立した後ですから子どもを想定した今までのケースの3LDKよりは多少小さめの2LDKで物件価格も2500万円程度とします。
この場合には27年間の賃貸費用が5300万円ぐらいになりますので、この比率が大きく、家の方はリフォーム費用等も多少少なめに見積もりますが総計で9000万円程度になります。


こうして比較してみれば総計で8~9000万円近くもの費用がいるわけですから、仮に1000万円程度の差が出ても僅かなものかもしれません。
つまり、ずーと賃貸暮らしもマイホーム購入も大きな視点から見れば金額的には余り変わらないということになると感じます。


ただ、マイホームを持っているという自負や使命感、マイホームのためにリフォームをしたり大規模な修繕をしたりなど間取り変更のイベントなどが行われれば、その都度、家族会議を催したりで家族の絆は大きなものになると思います。
またマイホームへの愛着も大きなものでしょう。


一方、賃貸の場合には住む家に関しては、大きな愛着は無いと思いますので旅行などのレジャーやその他の楽しみ方を貫くということでしょう。


どちらがいいとかいう結論は出ないと思います。
ただし、早くに家を建てるのなら多少は費用が安くて済むのかもしれません。
また、本当に50年も生きられるものかどうかも分かりません。
ただ、自分一人で暮らす人生ではないでしょうから伴侶や家族の意見やライフスタイルとよく相談するのがいいでしょう。


人生は50年ではなく80年の時代です。
どう暮らし生きていくのかも問われているとは思いますが、後悔だけはしない様に出来ればいいですね・・。
スポンサーサイト

( 2014/11/23 19:19 ) Category 建築 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。