不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中古住宅は幾らで売りに出す? 

中古住宅は幾らで売りに出すのがいいのでしょう


中古住宅を売りに出すタイミングは難しいものです。
例えば、他で新築のためとか転勤せざるを得ない事情があるとか金策に困ってとか・・中古住宅を売りに出す理由も様々です。


資金に余裕さえあれば、仮に売りに出すにしても慌てて叩き売りする必要はありません。
中古住宅の相場を見て、じっくりと買主を見つければいいのです。
その場合でも、幾らにするのかというのは中々難しいものです。


ある調査で買い手は、相場価格よりも500万円以上高くなると購入の検討から外すことがわかりました。
買い手の相場感としてはプラス500万円未満が限度のようです。


とすると、売り手として高く売りたいなら相場価格の500万円未満で上限に最も近い金額を選ぶことになります。
例えば450万円前後でしょうか?


ただし、これはあくまで売り主の希望です。
買主にしてみれば、相場価格があって、それからいくらか割り引いた値段が希望のはずでしょう。
つまり、売り買いの線引きですね


となれば、是非とも売りたいのか、是非とも買いたいのかによって価格が選別されることになります。
新築資金の手付や決済に必要だったら、多少安くても売ってしまわなければなりません。
買主にとっては、ぜひとも欲しい立地や家の造りなどの理由があれば多少無理をしても買うでしょう。


中古住宅を購入して、リフォームやリノベーションで家を蘇らせる方法があります。


リフォームのダンドリ徹底解剖【ホームプロ】


その場合では、家の造りそのものには拘らない場合もあるでしょう。
そんなケースなら、色々と値切る交渉が出来るかもしれません・・。
ただ、立地が気にいって何としても欲しいのなら、それも相談です。


中古住宅を売る場合では500万円弱のプレミア希望価格がある。
そう思っていれば、中古住宅を買う時にでも交渉の幅が広がります。


ただし、勿論築年数にもよります。
20年前後経過している中古住宅なら、土地だけの値段だと思っていれば間違いありません。
いずれにしても、この家だけとか、この家が絶対というふうに固執すれば弱気な交渉となるでしょうね・・・。


スポンサーサイト

( 2014/12/27 12:41 ) Category リフォーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。