不動産とメンタル

不動産は取り扱い金額が大きいので、誰しもが慎重になりがちなものです。多くの知識を身につけて、ぶれない判断をしておきたいものですね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

住宅エコポイント 

住宅エコポイントをリフォームに活用してみましょう。


昨日の3月10日に 省エネ住宅の普及を促すポイント制度の申請受け付けが10日始まりました。
住宅エコポイントは09年度と11年度にも実施していますので、今回で3回目となります。
まだ利用したことのない人は、リフォームに利用すればメリットが多いと思います。


住宅エコポイントとは、基準を満たした住宅の新築や改修で1戸あたり最大30万ポイント(1ポイントは1円相当)がもらえます。
そのポイントは省エネに役立つ家電や地域振興につながる特産品、商品券などと交換できます。
それは消費増税で落ち込む住宅市場を活性化する狙いがあるのです。


住宅エコポイントの対象となる物件は、昨年12月27日以降に工事契約を結び、2016年3月末までに着工するもので、省エネルギー法など基準を満たす住宅の新築に30万ポイントを発行します。


一方、リフォームの場合、断熱性を高めようと内窓をつければ大きさに応じて8千~2万ポイントが付き、外壁や屋根、床に断熱材を施すと3万~12万ポイントがもらえるのです。


また節水型トイレや高効率の給湯器は、それぞれ2万4千ポイントとなり、リフォーム全体で30万ポイントを上限にポイントが付く仕組みです。


更に耐震工事をあわせて行うと15万ポイントが別枠で加算されて45万ポイントとなります。
エコポイントは、既に持っている住宅だけでなく、中古物件として買った住宅の改修でもOKです。


今回のエコポイントの予算枠は805億円で、上限に達した時点で申請を打ち切ります。
国土交通省は「遅くても今年11月末までには申請を締め切る」としています。


世の中の景気は停滞気味ですが、リフォームで気分一新し新生活への活力に繋げないものでしょうか!
スポンサーサイト

( 2015/03/11 15:28 ) Category 建築 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リフォーム
リフォーム ホームプロ

素早いリンク
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
人気ブログランキングへ ブログランキング livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。